入院初日

準備もギリギリだったんで、朝も忙しく追われる(+_+)
10分前には受付に来てねって言われていたのに、着いたのは3分前。
でも、看護師さんが迎えに来たのは10分後。
やっぱり、いつでも待たされる総合病院(-_-;)って、自分の遅刻は棚に上げ。

今日から外科に入院の人は3人。
1人は男の子で違う病室へ。
もう1人は年配の女性で同室。同じ乳がんの手術を受けるらしい。
部屋は6人部屋。
両側に3台づつベッドが並んでいて、その真ん中が私のベッド。
こないだ下見をしていたんで、ボロさはあきらめていたけど、
テーブルがないのにはびっくり。
食事はテレビ台に付いている、引き出す台(?)に乗せて食べるらしい。
食事の時にはお茶も出ると思っていたら、
飲み物は自分で用意するんだって(+_+)
給湯室を案内されました。
お風呂は一日おきに順番で入れるみたい。
着替えてベッドで待っていると、担当の看護師さんが挨拶に。
一緒に担当の先生の話を聞きに行きました。
まずは乳がんの説明などなど。
その話は告知の時にたくさん聞いたよー、とskipボタンを押したくなります(笑)
月曜日にしたCTと骨シンチでは転移がなかったそうです。よかったよかった♪
なので、ステージⅡで決定だそうです。
大きさが3.5~4cmと大きいので、リンパ節郭清は決定だそうです。
後遺症のことについても説明を受けます。
でも、それはホントに運というか、確率の問題なんで、仕方ありません。
あとは、手術や麻酔の危険性とかを聞かされ、サインをさせられます。
この病院には麻酔医が6人いるそうなんですけど、
某病院には麻酔医がいないんだよー、びっくりでしょ??って。
先生が自慢げに話します(笑)
麻酔医といえば、ドラマ『医龍』の阿部サダヲを思い出します。
そして、やっぱり言われました♪
日曜日まで外泊していいよって(^^)v

もう1人担当の看護師さんがいて、館内の案内や今後の看護計画の説明、
手術や処置の日程などを説明してくれました。
この看護師さんは、ちょっとヌケてる感じでやばそうです(^_^;)
質問すると、どうだったかなーって悩んじゃうし、
血圧を測ったと思ったら、血圧器を私のベッドに忘れていくし(-_-;)
この先心配デス……。

先ほどもらった麻酔の説明を読んでいると、
好きなCDを持ってくれば手術室でかけれますって!!
へー、何もって来ようかなぁ、と悩んでいると、
さっそく、麻酔医の先生が挨拶と説明に来ました。
阿部サダヲではなかったけど(笑)若い先生でした。
説明のあと「何か質問は?」と聞かれ、
さっそく「CD持ってきていいんですか?」と私。
「眠るまでの10~15分しか聞こえないけどね、やっぱりリラックスが大事だし」
「んで、質問はCDのことだけ??」
ごめんなさい、緊張感のない患者で(ToT)

とりあえず、これで今日やることは完了。
帰っていいですよ、の指示。
るんるんして帰ると、家の前で気づきました。
外泊許可にサインしてくんの忘れたことに(-_-)
[PR]

by kachua_bb | 2006-12-22 21:03 | 乳がん | Comments(0)