人気ブログランキング |

採卵日決定

採卵日がやっと決まりました。
今週の土曜日です。

IVFのために卵を取り出さなければならないんですが、
ちょうどいい大きさになるまでできないんです。
普通は生理日をD1として、D13(生理から13日目)を採卵予定とします。
たいてい28日周期だと14日ごろが排卵日になりますよね。
だけど、注射のおかげで卵巣が弱っているのか、(ただ老化しているからか;;)
なかなか育たず、3日も予定が伸びてしまいました。
その上、1個は普通に育っているのに、
次の3個がなかなか追いつかない、といった感じ。
その他にも3個ぐらいあったんですけど、こちらはもう小さいまま;;
まあ、そのため、1個だけ育って排卵してしまわないように、
様子を見て排卵抑制剤を注射するわけです。
この注射が1本5万円デス(>_<)
ちなみに毎日している排卵誘発剤は1本7千円……。
なかなか卵が育たないから、予定よりも3本多く打ちました;;
でも、排卵誘発剤を打ちながら、排卵抑制剤を打つっていうのも、
身体にしてみれば、えーー?!って感じなのかもしれませんよね。
というわけで、21日にその注射(アンタゴニスト製剤・セトロレリックス)を打ちました。
ところが、だいたい1日に2mmづつ育つ計算らしいんですけど、
次の3個がぜんぜんのろいペースなのです。
だから、採卵日を伸ばしたい、けれども、もう排卵してしまいそう。
なので、もう1日分だけ、排卵抑制剤を打ってきました^^;

ということで、今日は午前中に排卵誘発剤と排卵抑制剤を注射。
そして、36時間後に排卵させる注射HCG(プロファシー)を今晩打ちに行くんですよー(>_<)
今晩21時に注射をすれば、採卵日の土曜日の朝にちょうど排卵の準備ができているというわけです。
ていうか、HCGってすごいな。


受精のさせかたが2種類あります。
取りだした卵に精子を振りかけて、自然に受精させる方法。
ひとつの精子を、顕微鏡で見ながら卵に注射して受精させる方法。
若い人だったら、排卵誘発剤を使えば、卵が10個以上育つみたいなので、
半分づつ試してみたりできるんですけど、
私の場合、うまく採卵できたとしても4個。
半分に分ける余裕などなく^^;
ダメでもまた次回、というような時間的余裕もなく(>_<)
ということで、顕微授精を勧められました。

せめて受精ぐらいは自然に、という方が多いらしいですけど、
まあ、良い精子を選んでくれるっていうし、確率の問題からすれば、
高齢な私には向いているってわけです。
先生、カッコイイ精子くんをチョイスしてね(^_-)

by kachua_bb | 2008-09-25 15:49 | 不妊治療 | Comments(2)

Commented by 花ハナ(^-^)ノ at 2008-09-25 21:11 x
排卵抑制剤が1本5万円の注射!
排卵誘発剤は1本7千円…経済的な負担大きいですよね
そして誘発したり抑制したりなにやら複雑
今夜もお注射に行くんですか、そして土曜日採卵!
顕微鏡で見ながら卵に注射するのってテレビで見たことあります
あれですね!採卵も受精も上手くいきますように☆
そしてかっこいい精子くんがんばれー!
Commented by kachua_bb at 2008-09-26 20:24
花ハナ(^-^)ノ さん、コメントありがとうございます♪
注射高いですね~~^^;
化学療法していた時も、高いなぁって思っていたけど、
癌をやっつけてあの値段なら、安いじゃないっ、って思えてきました(笑)
なんだか、いろんな注射を打って、
身体もわけわかんなくなっているんじゃないかと心配です^^;
いよいよ明日ですが、静脈麻酔をするので、
夜から飲まず食わずで明日を迎えなければならず(T_T)
乳がんの手術を思い出してみたり^^
手術後、お腹空いてたよなーって(笑)